自分が幼い頃12月25日の朝をワクワクして
迎えてた記憶があります

朝目が覚めてみると枕元にプレゼントが
置いてあったからです


毎年12月になると両親からクリスマスプレゼント
欲しい物をサンタさんにお手紙書かないとね?

[欲しい物が貰えるんだと]
喜んで素直に書いてましたが

どうやってサンタさんに手紙が届くのか?
とまで子供心して考える予知もなかった
サンタクロースはいるものだと信じきって
ましたから

それが小学3年生の12月に両親から

サンタクロースはいないんだよ
今までお父さん、お母さんがプレゼントを
枕元に置いていたんだ

と暴露されました

[なんだーいないのか?]

少し寂しい気持ちになりましたが

両親はこのままサンタクロースを信じ
後後 ・・娘が笑い者になってしまったら?
不敏に思い暴露したのよねと

今思えば暴露したと言えども
それまで毎年内緒でプレゼントを買ってくれ
枕元に置いてくれてた事に夢を与えてくれてた
親心にはふと・感謝です

クリスマスに何故サンタクロースがプレゼントを
配るのか?

サンタクロースとクリスマスの関係は?
ふと気になりましたので探ってみました

何故クリスマスイブにプレゼントを配るのか?

サンタクロースはクリスマスイブに良い子の
もとへプレゼントを持って訪れる人物です

イギリス

ファザークリスマス(緑色の衣装でしたが)
近年は赤を着ている

オーストラリア・ニュージーランド

ファザークリスマス

オランダ

クリスマスがヒトシーズンに2回あり
プレゼントが貰えるのは12月6[聖ニコラスの日]
の前日と25日のクリスマス

イタリア

クリスマスが1月6日まで続き5日に魔女が来て
良い子にはお菓子を
悪い子には石炭をくれると

ドイツ

悪い子は悪い子に罪する黒サンタ(クネヒト・るーブレヒト)
にさらわれという伝えがあります
現在ではクリスマス男とクリストキントの
どちらかを信じています

ロシア

ジェット・マロース(マロースおじいさん)が
孫娘のスンュグーラチカを連れてプレゼントを
配る風習があります

サンタクロースの由来

4世紀東ローマ帝国小アジアンの司教聖ニコラス
(ニコラウス)の伝説が起源である

無実の罪に問われた死刑囚を救ったと
聖伝も伝われている

ニコラスは貧しい暮らしをしている
三人娘を身売りしないとならない状況の
家族の存在を知りニコラスは
真夜中にその家を訪れ窓から金貨を投げ入れ
この金貨が暖炉に吊るされた靴下に入った

この金貨のおかげで家族は娘の身売りから
避けられるようになりましたと逸話もあります

サンタクロースは何故赤の洋服を着てるのか?

1931年コカコーラ社は広告用のサンタクロース
の絵をサンドブロムに発注しました

1931年12月の冬の広告に登場し

冬なのに夏に飲む清涼飲料というイメージを

一年中飲めるとイメージにしました

コカコーラは当時はアメリカではコカイン、
カフェイン、アルコールが入っている
悪い飲料のイメージが強かったので
子供でも飲めるとサンタクロースを使って
宣伝をしました

そこからサンタクロースは赤い服を着てるのが
定着したのです
それまではバラバラな色の洋服でしたが
コカコーラ社の宣伝によりサンタクロースの
イメージが統一されたのです

サンタクロースが赤い服を着てるのは
コカコーラの宣伝だとは

びっくり

です

次にクリスマスについて探ってみました

イエス・キリスト降誕(生誕)を祝う祭りであり
実際には誕生日ではなく降誕を記念する日と
言われてます

キリスト教で最も重要な祭りとされているのは
復活祭です

復活祭

十字架にかけられて死んだイエス・キリストが
三日間に復活したことを記念・記憶する
キリスト教において最も重要な祭りとされてる

なぜ?クリスマスにサンタクロースがプレゼントを
配るようになったのか?

オランダでクリスマスに子どもにプレゼントを
贈るようになり、この風習が18世紀頃オランダ
移民によって米国に伝えられ
やがて[生まれたばかりの三賢者が贈り物を
した]全く別の話しと結びつき

アメリカ全土でクリスマスにサンタクロースが
プレゼントを贈るという風習が生まれました

まとめ

クリスマスとサンタクロースは関係無い
と言われてます

クリスマスにプレゼントをあげる風習から
サンタクロースがプレゼントを贈るように
なったのですね