根野菜がしっかり食べられ人気のある
    筑前煮・いり鷄です

    いり鷄を定番レシピとして作ってましたが
    筑前煮?

    筑前煮のレシピを見てみましたらいり鷄と
    さほど変わらないのですが早速調べてみました

    筑前煮について

    野菜と肉とを煮合わせたもの筑前地方の
    日常料理であったところから筑前煮の名がつきました

    鶏肉
    川魚・・コイ・フナ・なまず
    海魚・・コチ・ホウボウ・スズキ
    野菜・・サトイモ・キノコ・ニンジン・ゴボウ
    適当に切って鍋にサラダ油でこれらの材料を
    炒め・みりんと酒をひたひたに入れて
    煮たら醤油を注ぎ入れとろ火にして汁が
    なくなるまで煮詰めます
    出来上がりに彩りのサヤエンドウ・さやいんげん
    などで青みを加えます

    郷土料理として紹介がらあり小学校の献立に
    取り上げされる時にがめ煮ではふさわしくないと
    筑前地方の煮物だから筑前煮として紹介されたのが
    はじまりとも言われてます

    がめ煮について

    がめ煮ですが福岡県の代表的な郷土料理です
    博多弁の[かめくり込む]寄せ集めるなどが名前の由来
    とされてます

    又文禄の役の時朝鮮に出兵した兵士が
    その頃[どぶかめ]と呼ばれていたすっぽんと
    あり合わせの材料を煮込んで食べた
    博多湾に多くいたカメを食材に用いたことから
    亀煮から[ガメ煮]となった

    現在はすっぽんではなく鶏肉の骨つきを
    用いられてます

    いり鷄について

    いり鷄は[前り鷄]いりどりといわれてます
    鶏肉とゴボウ・ニンジン・タケノコ・レンコン
    サヤインゲン・コンニャク・シイタケなどを
    食用油で炒め砂糖・醤油・だし汁・酒・みりん
    などで味付けし甘辛く煮た料理です

    いり鷄は元々は筑前地方の現在の福岡県北部南部
    を好んで作られる郷土料理の[筑前煮]のことを
    いってます

    SONY DSC

    又料理の教科書やテキストに用いられる時に
    鶏肉を炒めてから煮ることで[いり鷄]とされてます

    まとめ

    筑前煮といり鷄は筑前地方の郷土料理から
    きたものですが筑前煮といり鷄はサラダ油で
    炒めるのは同じですが味付けの時に筑前煮は
    主に酒・みりん・醤油で味付け
    いり鷄はだし汁・砂糖・酒・醤油で味付けしてます

    自分が学生時代に習ったいり鷄ですが
    鶏肉だけを甘辛く煮詰め根菜を炒めだし汁で
    煮詰めていき鶏肉の甘辛い煮汁を三回に分けて
    投入して行きます
    最後の三回めの時に鶏肉も一緒に入れて
    煮詰めるのですが簡単に出来ます