お正月を迎えますと親戚の子供達に
    お年玉を差し上げますよね

    このお年玉っていったい・何歳まであげる
    べきなのか?

    高校生までもしくは大学生まで?
    と考えますよね

    特に決まりはないみたいですよね
    大学生になっても頂いてる人はいるみたいですしね

    そこで今回は我が家での親戚の方々から
    何歳ぐらいまで頂いていたのか参考になって
    頂けたらさいわいです

    生まれた年から幼稚園になるまで

    2千円から3千円

    小学生の時

    低学年の時は3千円
    3年生から5千円

    中学生の時

    5千円

    高校生の時

    5千円から1万円
    高校生の時にアルバイトをしてましたが
    頂いていましたね

    高校卒業してからは頂いてないですね
    きっと高校卒業をすると一社会人として
    見られるからかもしれませんね


    親戚同士でいくらあげるの?と子供が
    いない場所で金額確認をしてましたね
    やはり同じ金額のほうが子供達にとっても
    みんな同じなんだね

    あの人は沢山くれたけどあの人は少なかった
    とそのように思われないようにとしてたのかと
    思います

    お年玉は何日までにあげればいいの?

    お年玉は一般的にお正月の期間中に渡すもので
    三が日または[松の内] 1月7日地域によっては
    1月15日までとされています

    それを過ぎれば一般的にはお小遣いとして渡します

    お年玉とは?

    新年を祝うために贈られる金品のことをいって
    ますがそもそもは目上の人から目下の人に
    わけ与えるのが本来のお年玉といってます

    お年玉は海外でもあるのかな

    中国では、[圧歳銭]と呼ばれていまして中国語で
    [歳] と [祟] が同じ発音であることから
    年始に大人が子供に金銭などを与えることで
    子供を襲う祟りが抑えられ・その1年を平穏無事に
    過ごせますようにと民間信仰からきています

    中国華僑では大人が大人にお金を送る利是と
    いう風習があります

    そもそもお年玉がなぜ始まったのかな?


    お年玉の[お]は接頭語であります
    古くからお正月行事として[歳神] をお迎えする
    祭りからで門松を立てて鏡餅をお供えします
    お供えしたお餅がお下りとして子供たちに
    食べさせ[ 御歳玉]おとしだまとよばれた説

    このもちは年初めに分配されることにより
    年の始めの年賜が賜物に変化したという説

    鏡餅が丸いことからお年玉になったという説
    等があります

    お年玉は子供にとっては嬉しい事ですけど
    大人にとっては大変な事ですよね