節分が近づいて来ますとデパート・スーパー
    などで恵方巻きの予約が目につきますよね?

    幼い頃の節分といえば豆まきをし
    [鬼は外・福は内]とその後年の数の豆を
    食べてました

    恵方巻きはまだ広まってなかったからです

    恵方巻きを見た時に太巻き寿司じゃないの?と
    思ってましたので

    そこで今回は恵方巻きと太巻き寿司の違いに
    ついて調べてみる事にしました

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    恵方巻きについて

    江戸時代から明治時代にかけて大阪の
    花街で節分をお祝いしたり商売繁盛を
    祈ったりしたのが始まりとされてます

    その当時は恵方巻きとはよばれず
    [丸かぶり寿司]
    [太巻き寿司]
    とよばれてました

    花街で商人や芸子たちが節分に芸遊びを
    しながら[丸かぶり]といった言い方で
    海苔で巻いた太巻きを丸かぶりし食べる事
    から始まりました

    その時に恵方を向いて食べると福運が来ると
    広めたのが始まりです

    太巻き寿司について

    太巻き寿司は今では全国に普及してますが
    元々は千葉県東方の上総地で生まれたと
    されています(郷土料理)

    [巻総巻き][房総太巻き] [飾り寿司][花寿司]
    [飾り巻き寿司][花寿司]祭り寿司とも言われてます

    正式なのは太巻き祭り寿司と呼ばれる事が
    多くその名とおり祝い事に出されるのが
    多いです

    葬式でも出されますがその場合には
    絵柄は質素で控えめなものになってます

    関西

    具材が1種類では寂しいので豪華な太巻きが
    用いられてます

    江戸

    具材はすっきりとされた細巻きが好まれて
    いたようです

    恵方巻きと太巻き寿司との違いは?

    恵方巻きも元々は[丸かぶり][太巻き]とよばれて
    いましたので[太巻き]と同じようですよね?

    しかし恵方巻きは縁起をかつぐとの意味あいから
    七福神の7つの具材を用いられています

    一方太巻き寿司は特に7つの具材にはこだわって
    ないのですね

    恵方巻きが何故これだけ節分に人気の商品に
    なったのでしょうか?


    最初の火付け役となったとされているのが
    大手寿司チェーン小僧寿しが1980年代後半に
    [縁起巻き]という商品名で発売しました

    テレビのCMで宣伝しましたが認知度が
    上がらなかったのです

    今でも[縁起巻き]は商品としてあります

    1989年某コンビニエンスチェーンが
    広島で太巻きを売り出す時に
    大阪には節分に太巻き寿司を食べる風習が
    あるときいて
    [恵方巻き]と名前をつけて発売されたのが発端です

    今ではデパート・スーパー・コンビニ・
    寿司チェーン店では大々的に宣伝が始まります

    お正月を終えると予約注文が始まり出しますよね?

    恵方巻きの食べ方


    その年の神様がいる方向(恵方)を向いて
    願いが叶うように祈りながら両手で
    支えて太巻き寿司をほおばります
    (丸かぶり)

    まとめ

    恵方巻きと太巻き寿司は同じですが
    中の具材が7つ入っているかいないか
    の違いでしたね