2月3日は節分ですよね?

    [鬼は外]
    [福は内]
    と豆まきのイベントが賑やかに家庭で行われる日
    かと思います

    中には豆まきしてしまうと後の
    まいた豆掃除がなんだか面倒だから
    豆まきは気持ちにして豆だけ食べる

    そのような家庭も多いかと思います
    さて豆まきに用いられる豆ですが

    煎大豆を撒く家庭が多いかと思いますが

    しかし我が家では大豆を小袋に入ってるのと
    柿の種の小袋入りをまいていました

    大豆の豆まきですと部屋の
    掃除が面倒ですよね?
    また子供が小さい時拾って
    食べようとしたからです

    なぜ節分に豆撒きがあるのかな?
    豆まきはなぜ大豆なのかな?
    そんな疑問を持ちましたので調べてみました

    節分に豆撒きするのはなぜか?

    節分について

    節分は雑節の1つで各季節の始まりの日と
    されてます
    (立春・立夏・立秋・立冬)の前日をいいます
    つまり節分とは[季節を分ける]ことです

    江戸時代からは特に節分を立春2月4日の
    前日とされるようになりました

    大陰太陽暦(旧暦)では立春に最も近い
    新月を元日とされていました
    旧暦12月末日(大晦日)と立春前日の節分は
    年越しの日とされていました

    大豆を撒くのはなぜ?

    大豆に魔除けの効果があると
    されているからです

    この大豆の五穀は神様から授けられた物で
    神聖な力を持っていると古くから
    信じられているからです

    そもそも大豆は鬼にとって毒を含むと
    されています

    語呂合わせからとも言われてます

    マメは魔滅(まめ)とも書けるから鬼に効果ある
    マメは魔目(まめ)とも書けるから鬼に目をつぶす

    このような語呂合わせにてからの理由が
    あるとわかりました
    日本人ならでの語呂合わせですよね?

    一般的に[鬼は外] [福は内] と声を出しながら
    福豆(煎大豆)をまいて
    年齢の数だけ(もしくは1つ多く)
    豆を食べる厄除けを行うのです

    豆まきに撒く豆は大豆の他でもあるの?

    落花生

    大豆の代わりとして注目されていますが
    全国調査もあってよくよくみてみますと

    北海道・東北・甲信越・九州の一部では
    大豆より落花生のほうが主流なんです

    なぜ落花生なの?

    北海道エリアでは雪の中でも拾いやすい
    食べ物が粗末にならないからとされてます

    たとえ地面に落ちても内側の実は汚され
    ないためと衛生的だから

    大きいので拾いやすいから

    とこのような理由から落花生を
    用いられているみたいです

    鬼は存在するの?


    1つの季節の間に少しずつたまっていた
    邪気を払わないでいると次の季節に
    悪いことが起きるといわれていました

    節分に鬼が来るといわれているのは
    陰陽道でいうと鬼門から来るとされ

    鬼門とは?

    鬼門とは北東昔の言葉でいうと丑寅の方角は
    鬼の通り道といわれているからとされてます

    まとめ

    日本ならでの節分行事ですが
    大豆以外にも落花生が主流に撒かれてる
    地域があるとわかりました

    落花生なら撒いた後が楽でいいかも
    しれませんよね?