皇居北の丸公園内にある東京国立近代美術館。幻の作品ともいわれていた鏑木清方の [ 築地赤石町 ]の作品が44年ぶりに展示が決まり多くの話題となりました。

鏑木清方( 1878-1972)は東京神田に生まれ挿絵画家であり美人画の上村松岡と並び称された日本画家です。

今回はこの楠木清方 [ 幻の築地赤石町 ]の開催日程、展示されている築地赤石町の他の作品などについてまとめてみました。

東京国立近代美術館楠木清方 [ 幻の築地赤石町 ]の開催日程は?

・ 会期2019年11月1日〜12月15日

・ 時間 10時〜17時 ( 金・土 10時〜20時 )

・ 休館日 月曜日 ( 11月4日は開園 )

・ 入館料 大人800円 大学生 400円
( 高校生以下は無料 )
・ 場所 東京国立近代美術館所蔵品ギャラリー第10室 )
(3階の日本画展示室)

・ 最寄り駅 メトロ東西線 [ 竹芝駅 ] 1b出口より徒歩3分

・ 駐車場 無し ( 周辺の有料駐車場をご利用ください )

https://twitter.com/watsunagi/status/1203249054496542725

展示される作品について

築地赤石町

・ 1927年 ( 昭和2年 )に帝国美術院展に出品し帝国美術院賞を受賞されました。黒い羽織りを着た女性が旧外国人居留地の赤石町にたたずむ姿が描かれています。伝統的な見返り美人の半ポーズが印象的な作品です。日本の切手にも採用されています。

新富町

・ 築地赤石町から3年後に描かれました。
芸者の袖口から見える襦袢は紅葉と菊の模様ですから雨は秋雨でしょうね?蛇目傘を持ち女性の右側の背景には明治時代を思わすガス灯や絵看板が特徴だった新富座が描かれています。

浜町河岸

・ この作品も新富座と同様に築地赤石町から3年後に隅田川の新大橋を( 新大橋は1912年明治45年まで)絵の通り木の橋でした。橋の対岸には深川安宅町、歌川広重の( 名所江戸百景大はしあたの夕立 )にも描かれた火の見やぐらはこの絵にも描かれています。
芸者のお稽古帰りの姿でしょうね。

[築地赤石町]・[新富町]・[浜町河岸]は同時製作では、ないのですが鏑木清方にとって思い出深い町が主流となっている事から三部作とも言われております。又鏑木清方自身も三部作だと言っていたそうです。

・ 築地赤石町は戦前を免れ鏑木清方の手によって時々展覧会に出品されていました。1972年に鏑木清方が逝去した後3回ほどサントリー美術館に出品されていましたが1975年 ( 昭和50年)の展示を最後に・・姿を消してしまったのです。

東京国立近代美術館は鏑木清方の作品を長年地道に追い続けていました。
本年6月になって築地赤石町、新富町、浜町河岸を同じ人が(個人)が所蔵していましたが、東京都の画商を介して5億4000万円で購入出来たのです。
それに伴って44年ぶり東京国立近代美術館にて開催を迎える事になったのです。

特別出品 [ 鶴人 ]

・ 製作年数は不明でありますが小説家川口松太郎の短編小説[ 鶴八鶴次郎]のヒロイン鶴人を描いて川口松太郎に送った作品です。

この作品はテレビの鑑定番組で活躍されている中島誠之助さんの所蔵品でありましたが東京国立近代美術館が[ 築地赤石町 ]を収蔵したというニュースを聞いて中島誠之助さんは寄贈を申し出て正式に決定しました。

三遊亭円朝蔵

・ 1930年に描かれ明治の偉大な落語家三遊亭円朝を描いています。大ぶりの湯呑みをもちながらゆったりと構えている姿には貫禄のある作品となっています。

こちらの作品は重要文化財となっています。

明治風俗十二ヶ月

・ 1935年に12幅対の月に合わせて女性が描かれています。

・ 1月 : 羽子板で遊ぶ女性とかるたで遊ぶ女性

・ 2月 : 梅屋敷の庭を歩く女性

・ 3月 : 唄のお稽古を受ける女性

・ 4月 : 花見をする女性

・ 5月 : 菖蒲湯に入った女性

・ 6月 : 客の前で金魚を捕まえようとする金魚屋

・ 7月 : とうろうの下で涼む女性たち

・ 8月 : かき氷を作る姿 (この頃から庶民でも氷が手に入るようになりました)

・ 9月 : 台風が来るか物干しから心配している女性

・ 10月 : 秋の夜長に家族のささやかな風景

・ 11月 : 劇場の席に冷えやすい席にカイロのようなものがくばられています。

・ 12月 : 年末に雪降るようと人力車

季節と人が調和する昔ながらの暮らしを描いています

1つ上のフロアー4階の1室にも展示品があります

黒田河舟遊

第8回の文展で2等を受賞した6曲1双の屏風作です。
左右に江戸期の隅田川の舟遊びの模様を描かれています。
右隻に表された大きな屋形船、その中に色とりどりの着物に身を包んだ女性。人形の舞が鮮やかで優しさがありながら
圧巻される作品です。

鏑木清方の [ 築地赤石町 ] 幻の作品とも言われていましたが
44年ぶり再び特別公開は12月15日までとなっています。
日本ならではの美の鑑賞を・・お時間を作って訪れてみるのも
よろしいですよね。