東京で数ある観光スポットの中でも
    人気のある皇居
    皇居の広さは、東京ドーム25個分とも
    いわれており壮大な広さです

    この皇居ですけど
    一般の人が、参観出来る日は、
    1月2日と、紅葉シーズン、
    お花見シーズンと限られていますが、
    皇居東御苑は、いつでも参観出来る
    スポットとなっています

    皇居東御苑は、皇居の東側にある
    宮内庁管轄の庭園であります
    かつては、江戸城の本丸が、
    あった場所で現在は、一般公開
    されています

    皇居東御苑について

    入場時間
    9時〜16時30分
    入園料金 ・・無料
    休園日・・月曜日・金曜日(天皇誕生日以外の
    祝日は、公開・月曜日が、祝日の場合は、
    振替休日があります)
    アクセス
    東京駅(丸の内口)徒歩15分
    地下鉄・(大手町駅)徒歩5分
    地下鉄・(竹橋駅)徒歩10分

    皇居東御苑に行くには?

    大手門を目指して行くのが、
    1番わかりやすいかと思います

    大手町駅から徒歩10分です
    この大手門は、旧江戸城の、
    正門でもありました
    1620年の江戸城修復時に伊達政宗に
    よって建てられました

    江戸城は、麹町台地の東端に扇谷上杉氏の
    家臣太田道灌が築いた平山城でありました
    近世に徳川氏によって段階的に改修され
    徳川家康が、江戸城に入城した後は、
    徳川家の居城のち江戸幕府の
    開幕後は、幕府の政府となります

    徳川15代将軍の大政奉還後
    京都に都を構えていた天皇家は、
    江戸城を宮城(きゅうじょう)にと
    なりました
    その後吹上庭園が、御所・旧江戸城西ノ丸が
    宮殿の敷地となっています

    皇居で開放されているのは?

    東御苑

    東側にある旧江戸城の中心部である
    本丸・二ノ丸・三ノ丸の跡です

    皇居外苑

    南東側に位置しています

    北の丸公園

    北側に位置しています

    東御苑に入園する時に
    入園札を受け取ります
    (入園料は、無料です)
    退園する時に、返却しますので
    なくさないようにしましょうね

    各植樹されているのが、すぐに
    目に入ります
    道は、きちんと舗装されていて歩き
    やすいのですが、
    少しゆるやかな傾斜になっていますので
    歩きやすい靴を履いていかれたほうが
    楽しく歩きまわれますよね

    道なりに歩いて行きますと
    目の前には、広い芝生の広場、
    さらに奥にある天守台がめにつきます


    江戸城本丸の大奥があった
    [大奥跡]の場所ですが、
    跡形も無く広い芝生広場と
    なっています

    東御苑内にて休憩所は?

    ゆっくり歩いて2時間ぐらい掛かると
    いわれていますから、
    途中木の陰などに、ベンチシートが、
    設けられています

    歩き廻って疲れたら、
    ベンチに、座ってホッと一息
    休憩をとってみるのも・・・
    広い芝生広場にて球技プレーなどは、
    禁止となっています

    芝生広場にて座って休憩を
    している人もいますから
    お天気のいい時でしたら
    気持ちいいですよね

    道なりに歩いて行きますと
    1番奥の天守台に着きます

    天守台

    江戸城の天守閣があった場所ですが、
    現在は、高さ10メートルの
    基礎石である石垣の土台が、
    残っているのみとなっています

    1657年の朝暦の大火によって
    天守閣は焼けてしてしまい
    再建の話もありましたが、
    そのままとなってしまい現在は、
    石垣のみの姿となっています

    朝暦の大火とは?

    明暦3年旧暦1月18日から20日
    までに江戸の大半を焼いた大火災
    施餓鬼(せがき)に焼いた振袖が
    火元といわれています
    死者は、10万人余りともいわれ
    焼失町数800町といわれており
    本所回向院(えこういん)に
    その死者の霊を祭っています

    皇居東御苑に、入園する時
    多少並んでましたから
    混雑しているのかな?と
    思いましたけど、園内が広い為か、
    ゆっくりと園内を散策出来ます