5月8日がゴーヤの日と知ったのが二年前に
ゴーヤチャンプルーの試食販売の
仕事をしている時キャチコピーを目にしたからです

え?ゴーヤの日なかなんってしらなかった。
語呂合わせで( 5,8 )かな?なるほどね・・・・
誰が決めたのかな?

平成9( 1997年 )沖縄県とJA(全国農業協同組合連合会 )沖縄経済連がゴーヤを広く知ってもらいたい
食べてもらおうと思いから語呂合わせで
定められたものです

勿論お客様のほとんどの方が
「 5月8日がゴーヤの日とは
知りませんでしたしそうなんだと
話題のネタになりました

この試食販売のゴーヤチャンプルーですが
市販の素を使用して炒めるのでとても
簡単に出来ます

お客様の中にたまたま沖縄出身のお客様が 
試食を召し上がりながら
「 沖縄のはただお塩で炒めるだけなんですよ
この様な市販の素を使用して作るのを
初めて食べたわ 」
ふと私はゴーヤチャンプルーと云えば
醬油味にとき卵でとじたものだと思ってました
色々あるんだなーと思い醬油だけでは少し辛く
出来上がってしまいますので
オイスターソースを使用してオリジナルレシピを
ご紹介させて頂きますね

ゴーヤの炒め物4人分材料

材料

ゴーヤ  1個
豚肉 150g( もも肉又はこま切れ )どちらでも良い
お豆腐 1丁 ( 木綿豆腐、絹ごし豆腐 どちらでも良い 好みで )
卵   2個
かつぶし 3g
水   100cc
砂糖   大さじ1
お酒   大さじ 2
醬油   大さじ 1
オイスターソース  大さじ1
だしの素 小さじ1

作り方

豚肉は食べやすい大きさに切ります

ゴーヤは、縦に半分に切り種、わたを綺麗に取り除き、切ります。(軽く塩もみしておく)

豆腐はキッチンペーパーで水気を取り除いておきます 
さいの目に切る

卵はボールにて軽くかき混ぜておきます

フライパンを温めてごま油を入れ豚肉を炒めます 
( 焦げないように中火で )

豚肉に火が通ったら一度お皿に移しておきます

ゴーヤを炒め豆腐を入れます
お皿に移した豚肉を再び入れて炒めます

水を入れだしの素を入れて沸騰したら
砂糖、お酒、醬油、オイスターソースを入れ
て味が染み込むように軽く混ぜ強火にして
卵をフライパン全体にまんべんなく
少しずつ落として行きます 
( フライパンの上で円をかく感じ )

火を止めてお皿に盛り付けます
盛り付けた上からかつお節を振りかけます

これからの旬の食材で
夏バテ防止にゴーヤの炒め物を是非
作ってみてはいかがでしょうか?