記録的な猛暑が続いています
国内では5年ぶりとなっています

5年前の2013年8月12日には高知県四万十市の
「江戸崎」観測点で全国観測史上最高の41.0度を記録
しました・・・それに続く今回も猛暑

なぜこのような猛暑になっているのか?

気象庁が西日本付近が太平洋高気圧と上空の
チベット高気圧に覆われているのが要因である為晴れが続いて
熱がたまった状態が続いているから
と発表されました

熱中症に警戒しましょうと言われています
ここ近年熱中症と耳にするようになりましたが
自分がもの心がついたころは日射病に気を付けてと
よく外出する際には「帽子をかぶりなさい」でしたが

そもそも日射病と熱中症とはどのように違うのか?

日射病について

炎天下、首や首筋に太陽光線を長い時間浴びた場合に
起こります

熱により手足の皮膚血管が拡がり脳や内臓に
行く血液が減ってしまうのが原因です

日射病の症状

顔が赤くなる
息遣いが荒くなる
汗が出ない
脳貧血を起こして一時期的に意識が朦朧とする
脱水症状、目まい、頭痛、吐き気

日射病になってしまった場合

木陰などの涼しい場所で頭を少し高くして
おをむけに寝かせる
顔や身体に水をかけたり濡れたタオルで冷やす
水分を沢山とる
呼吸をしやすくするために上着のボタンを外す

日射病の予防

麦わら帽子などのつばの広い帽子をかぶる
ハンカチやタオルなどを濡らして首筋を
こまめに冷やす
吸湿性や道気性の良い洋服をきる

熱中症について

熱中症は体温が上昇することで体内の水分や
塩分のバランスが崩れて生じる健康障害

又は体温調節のバランスが崩れて体内に
熱がこもる事により起こります

熱中症の症状

筋肉がピクピクとけいれん
息遣いが荒くなる
汗のかきかたがおかしい
体温が高い
虚脱感、目まい、吐き気、頭痛

熱中症になってしまった場合

涼しい場所への移動(クーラーが効いている場所)
衣服を脱がいて体の熱を出します
氷枕や保冷剤で両側の首筋や脇,足の付け根などを
冷やします
うちわや帽子であおいでもいい
塩分、水分を補給しましょう

熱中症予防のために

暑いときは無理をしない
のどが渇く前に水分補給
屋外では帽子をかぶる
沢山汗をかいたらこまめに水分補給
食事、水分、睡眠を十分に取りましょう
適切な冷房の使用
屋内でも熱がこもる場所では熱中症になる場合もある

やはり一番気を付けるのは外出する際には
帽子をかぶる
こまめに水分補給、体調管理が大切なんですね