前回までは、おおまかな
    生命保険の種類について投稿させて頂きました

    もし万が一に亡くなった時
    生命保険金以外にも
    受け取れる給付金がある説明を
    しました

    それでは、いったいどのような
    生命保険を選べばいいのか?

    今回は生命保険の商品を
    詳しく説明します

    終身保険

    貯蓄性も兼ねていますので
    若い時に加入すれば
    そんなに高くなく加入出来ます

    しかし若い時加入するのですから、
    保険料の払い込み期間は、
    長くなるので
    ある程度の年齢で加入しても
    払った金額は、同じくらいに
    なります

    ん??つまり貯蓄性があるとは
    仮に解約した場合でも解約金が
    あります

    保険なんだから、解約しないよと
    思っていても
    どうしてもお金が必要な時
    解約したら解約金があります

    終身保険には、60歳払い込み満了
    65歳払い込み満了70歳払い込み満了
    又は終身払いとあります

    例えば

    30歳で終身60歳払い込み満了200万円
    に加入した場合

    30歳の時終身保険200万円に加入しますと
    月々の保険料が4500円
    (保険会社によって算出金額が異なる)
    60歳まで毎月4500円を掛けていきます

    もし万が一に亡くなった場合
    受取人に200万円が支払います
    この時点で今まで掛けて来た
    毎月4500円は掛けなくていい

    60歳を無事に迎えたら
    月々の保険料の、掛けるのが終わり
    その後毎月の保険料は、掛けないで
    死亡保険金が支払われます

    30才で終身払200万円に加入した場合

    毎月の保険料がら2700円ぐらいです
    (保険会社によって算出金額異なる)
    終身払いは、死ぬまで保険料を
    掛けていきます。

    つまり満期が無く一生掛け続けるの
    です
    つまり、65歳になっても
    死亡保険金200万円の保障が必要で
    あれば65歳になっても
    死ぬまで月々の保険料2700円を掛けて
    いかなくては、ならないのです

    ここ近年では終身と介護保障セットも
    販売されています。

    死亡保障、介護保障、貯蓄保障と
    いう 3つの機能を伴っています

    介護保険について

    これからの時代は、長生きと伴って
    死亡保障より介護に対してのリスクの
    心配のほうがむしろ高まってきてます

    万が一要介護状態になってしまったら
    その後も、長く生きていくことも
    想定しておかないといけない時代に
    なりつつあります

    介護保険にも貯蓄性の終身
    貯蓄性が無い掛け捨てとあります

    掛け捨てですと、保険料の安さの
    メリットがあります

    必要な時まで支払い不要となったら
    解約するとシンプルな利用方法もあります

    貯蓄性の介護保険ですと
    月々の保険料はどうしても割高に
    なってしまいます

    又この介護保険金を給付するには、
    各保険会社によって異なっていますが
    大抵要介護2で支払いの対象になって
    おります

    要介護2とは?

    軽度の介護を必要とする状態
    食事や排せつに何らかの介助を必要と
    することがらある

    立ち上がりや、片足での立位での立位保持、
    歩行などに何らかの支えが必要

    衣服の着脱は何とか出来る

    物忘れや、直前の行動の理解の
    一部に低下が見られる

    就業不能保険

    ここ最近テレビCMなどにて
    話題になってきてます

    そもそも
    従来の保険は、死亡保障、入院保障が
    メインで、ありましたが

    働けなくなった、場合のリスクに

    手厚く

    安く

    備える

    ただ働けないと判断する基準の1つが
    公的保障認定、
    免責期間はない一方認定までには
    時間がかかります

    就業不能保険の給付が受けられる公的認定の要件

    障害年金2級

    国民年金や厚生年金の加入者
    が対象 ・・認定は厳しめ

    障害者手帳

    ・・市、区、町、村が認定して
    発行(障害年金とは条件が異なる)

    要介護2・・

    市、区、町、村が認定
    (日常生活に部分的な介護を要する)

    但し・・精神疾患の時は対象外と
    保険会社によって異なっています

    色々と多様なニーズがあります
    このようなニーズ全ての保障を
    備えますとかなりの金額になりかね
    ないです

    死亡保障を大きく備えるか?
    貯蓄性を備えたいか?

    そこによって保険のニーズが
    変わって来ます