今回は、ガン保険について
投稿させて頂きますね

誰もが1番なりたくない病気
といえばやはり

ガンではないでしょうか?

なぜ?ガンに恐れているのか?

それは転移してしまう・又は再発する
恐れがあるからじゃないでしょうか?

今では医療技術が発達し
早期発見なら・治るとも言われていますよね?

しかしガンに掛かってしまうと
ガンの治療費に不安を抱えて
しまうのではないでしょうか?

その為のリスクに備えてガン保険があります

医療保険などに加入していれば
入院費用・手術費用・通院費用などは
その保険の内容によって貰えますけど
実際にはそれだけで充分なのかな?と
思うとおもいます

実際にガンに掛かった場合に
どのくらいかかるのか?

ガンの種類にもよりますが医療費の総額は
おおよそ60万円から70万円ぐらいとなっています

社会保険や国民健康保険に加入していれば
3割負担となっていますので
自己負担額は20万円程度です

但し公的医療保険で一部まかなえるものと
患者さんが全額負担するものとに分けられて
いますのでいくらぐらい必要なのか
実際にはガンになってみないとわからないのが
現状となっていますね

ガンの治療では手術代・薬代・といった
治療費のほか入院中の食事代
入院中の差額ベット代金がかかってきますからね

差額ベット代金とは?

病室が1~4人の部屋に入院した時に
かかる費用の事です
正式には「特別療養環境室」といいます

個室や少人数の病室

健康保険保険対象外ですので
全額自己負担になっています

健康保険が適用されない治療を受けた場合
臨床試験に参加した場合(一部の試験を除く)
先進医療・・保険適用外の先進的な医療技術

又ガンの手術後に抗がん剤治療・電放射線治療
なども健康保険料適用外となっていますね

自分の両親も胃がんの
手術をしました

今は入院がおおよそ3週間前後ですが
以前は40日間近い入院でしたので
自己負担は30万円ぐらいでした

その後手術後に抗がん剤治療にて
(抗がん剤治療は健康保険適用外)
月々の自己負担額がかかり
大変だったと言ってました

では、どのようなガン保険に
加入したら、いいのでしょうか?

ガン保険の種類について

終身

満期がなくガンの補償が必要なら
ガンになるまで払い続けます
一時金・入院日数なども選べます

終身60歳まで

払い込みを60歳までします
その後は保険料を払う必要がなく
もし60歳払込満了前にがんになった
場合にはガンの保険金を受け取れます
もちろん保険金を受け取りましたら
月々の保険料は払わなくてよくなります
但し保険料が高いですね

定期

長期間保険料を支払うタイプや
また将来的に見直しを考えてるなら
定期などですと
保険料をグーンと格安にできます
但し更新の時に保険料が高くなってしまいますね

ガン保険は、ガンと診断された時に
一時金として100万円が給付され
更に入院費・手術費用が給付される
等など色々あります

まずは内容をよく確認し
月々の保険料を検討してから
加入するべきだと思います

団体保険を使えばととも格安で
ガン保険に加入できる方法もありまね

例えば生協の組合を対象に
一年型更新で5歳きざみで
保険料が増えていきますが安く加入出来ます

もし組合員でしたら一度検討してみるのもいいかも
しれませんよね
(たとえば生協など)

ガン保険について投稿させていただきましたが
医療保険など等と色々検討してから
加入を考える事をお勧めします