生命保険について今まで
    投稿してきましたが

    今回は共済について投稿させて
    頂きます

    共済??

    保険と共済とはどのように違うのか?

    組合員総合に助け合う活動を
    保険の仕組みを使ってできた保険事業です
    協同組合が行う保険事業は「保険」
    ではなく共済と言われています

    都道府県民共済です

    1つの保険で死亡保障から医療保険
    障害保障までカバーが出来る
    共済の総合保障タイプがあります

    支払い金額はさほど大きくないですが
    その分保険料もお手軽な金額です

    一年更新ですが
    60歳までは保障も変わらず
    保険料も一律となっています

    又都道府県民共済など
    非営利の生活共同組合が運営してる為
    決算後に(余剰金 利益になる)
    が出ると加入者に返金されます

    又60歳から65歳までと保険料は同額ですが
    保険の保障が若干下がります

    今では65歳からでも85歳まで
    でしたら熟年型といった
    共済もあります

    この共済には入院保障を手厚くする
    タイプも発売されてますので
    総合保障と入院保障2つ組み合わせての
    加入も人気あります

    全労済

    こちらも都道府県民共済と
    同様に組合員を対象にした
    共済ですが全労済の組合員になれば
    加入出来ます

    全労災に加入するには?

    出資金をお支払いすればどなたでも
    全労災の会員である各都道府県生協の
    組合員の資格が得られ事業の利用ができます

    メインとなる商品は

    こくみん共済

    各タイプの掛け金は年齢・性別を
    問わずに一律となっております

    総合保険・医療保険とありますが
    都道府県民共済と異なる商品が
    いくらかあります

    万が一がんになったら一時金として
    100万円受け取れる(一回に限り)
    ガンで入院したら支払日数は無制限で
    一日あたり5000円入院給付金として
    ガンプラスと保障を付けられます

    59歳まで加入となってますが
    60歳以降になりますと85歳まで保障は
    下がりますが加入できるようになってます

    都道府県民共済と同じように
    決算後(余剰金 利益になる)
    が出ると加入者に返金されます

    2015年から楽天生命保険が共済に似た

    「 スーパー2000」の販売を始めました

    還付金の代わりに
    最大6000円まで受け取れる
    健康祝い金が設けられています

    但し入院給付金を受け取って
    いない場合に限ります

    ネットから簡単に申し込み出来るのが
    利点でありますがやはり年齢があがるに連れて
    保障がダウン又入院給付金も
    少なくなってしまう点もあります

    色々な共済がありますので
    それぞれの特徴がありますので
    ライフスタイルに合わせて
    選んでみてはいかがでしょうか?

    又会社にて団体保険を取り扱って
    いましたらかなり格安で生命保険
    に加入出来るので会社に団体保険を
    取り扱っているのか?
    調べてみるのも必要ですよね