今では海外旅行に行く人が年々増加しています

海外旅行中もし病気や怪我をした時に
治療費の請求が高額になるケースが
多くなるので事前に海外旅行保険に加入
する人が多くなってきてます

今回はクレジットカードにて旅行損害保険
について色々とまとめてみました


まず旅行保険は旅行先での事故に
よる死亡時に多額の保険金が支払われる
死亡保障額の高さに注目されがちですが
これよりも 「 疾病 障害治療携行品損害 」
といった補償のほうが大切です

疾病 損害治療海外旅行中の
病気やケガの治療費を保障

携行品損害

荷物が盗難に遭ったり
荷物の故障した時などに保障されます

カードで旅行代金を支払って
海外旅行保険の保障が 得られる利用付帯

海外旅行費用をカードで決済しないと
保障されないのです

カーを持つだけで海外旅行損害保険の
保障をが得られる 自動付帯
カードで海外旅行費用を決済しなくても
持っているだけで保障があります

自動付帯のカードで年会費が無料で
このような機能がついているカードは2社あります

死亡 後遺障害2000万円の保障が自動付帯

横浜インビテーションカード
REXCARD

ともにジャックスから発行されてます
しかも無料で作れる家族カードですと
会員本人と同額の保障が配偶者にも
得られ更にカードが持てる18才以上の
子どもに限られますが
3人までは保険の保障を得られます

また海外旅行で疾病やケガの治療費対象でしたら
エポスカードもお勧めです

エポスカード

死亡 後遺障害は500万円の保障ですが
疾病の場合は270万円
ケガの場合は200万円の保障となっております

海外での治療費請求は高額ですから、
疾病、障害治療費の金額に不足と感じてるなら
複数のカードを持つてもありますね

疾病・障害治療の保障額は複数のカードを合算して
積み増すことが出来るからです

高額な治療費の請求が来ても複数枚の
自動付帯カードを持っていれば安心です

但し死亡・ 後遺障害の保障額は
持っているカードの中でから
一番高い保障から保険金が支払われます

つまり複数もっていても1つのカードからの
保険金しか保障されないです

海外旅行損害保険の中に含まれている
携行品損害の保障額は最高で100万円
又一回の旅行で20万円までが主流ですが
中には一回の旅行で100万円と
年会費が高いがそのようなカードもあります

年会費が高いが航空機遅延保険

年会費3000円ですが航空機遅延保険
ですと4種類あります

乗継遅延保障

乗り継ぐ予定の便に間に合わなかった
際に食事代とホテル代が保障

出航遅延費用

出発が、遅れたり欠航した際の食事代に限り保障

受託手荷物紛失費用

荷物紛失時の日用品 衣類の購入が保障

航空機遅延保険は一般的には
ゴールドカード以上に付帯されますが
例外にもありますので
もし必要ならば
ジャックスから発行されてます

カードにも色々な機能がついてありますので
海外旅行に行く前に自分の所持しているカードの
機能を一度確認してから海外旅行損害保険の加入を
検討されてみてはいかがでしょうか?