と食事中に跳ねたシミや
食べこぼした跡などにて
シミがついた場合などありませんか?

そのままにしておきますと衣服に
染み付いてしまい後でおちなくなって
しまい シミとして残ってしまいます

シミが、付着した直後でしたら
すぐにでも応急処置をすれば
おおむね落とす事が出来ます

シミが付いてしまった時の応急処置


1
ハンカチや紙ナプキン、ティシュペーパー
に水を含ませてつまみます

こうする事によってハンカチなどに
シミが移ります
ハンカチなどをずらしながら何度か
繰り返します

2
この方法で落とせない場合
漂白などでシミ抜きをします

ポイント

必ずつまむ事がポイントです
こすってしまったらダメです
なぜなら生地を傷めてしまい
シミが繊維の中により深く浸透して
しまうからです

注意

喫茶店などで出される布のおしぼりは
塩素を含んでいる為生地を傷めて
しまうから使うのは辞めましょう

胸ポケットのペンのインクシミ

胸ポケットにボールペンを出し入れ
する際にうっかりインクをワイシャツに
付けてしまったりありませんか?

基本的にはプロにシミ抜きを
お願いした方がいいですが
家庭でも油性インクでありましたら
ペンのシミをおおよそ消すことが
出来ます
品質表示を確認します

水洗いが可能な場合

用意するもの

1・・中性洗剤(台所用でも可)かアルコール
ハンドジェル

2・・白の綿タオル2枚

3・・山切カットの歯ブラシか綿棒

やり方

まずワイシャツの生地の下にタオルを
敷きます

ペンのシミに中性洗剤かアルコールジェル
を少したらします

歯ブラシで上からたたきます
たたく事で色素がタオルに移ります
少しずつタオルをずらしながら
タオルのきれいな部分にシミを移して
いきます

タオルに色素がだいたい移ったら
すぐに洗濯機で洗います

この方法は水性インクの場合も
ある程度は落ちますが
それでも色素が残ってしまいますので
漂白が必要になってきます

ゲルインクの場合は簡単には落ちない
のでクリーニング店にて
お願いしましょう

シーズンオフにはシミ抜きを

シーズンオフを迎えたシャツなどは
次のシーズンまで、どのように保管
しておけばいいのでしょうか?

おすすめ

襟元と袖口のシミ抜きをしてから
クローゼットに保管をすることです

家庭での洗濯、通常クリーニングでも
時間の経過した皮脂など
目に見えない頑固な汚れが残っている
ものです

それを次のシーズンまで半年以上も
放置してますと黄ばみが悪化して
しまいます

襟元などのシミ抜きをしっかり
行って黄ばみの根を絶っておく
事が大切になってきます

クリーニングから戻ってきた
シャツなどは必ず袋を外してから
クローゼットなどに収納するの事です

洗濯時に知っていて特な情報

1・・洗剤の規定量を守ります

洗剤が少ないとその分洗浄力が
落ちてしまいます
又分量が多いと飽和状態になってしまい
汚れ落ちが良くなるどころか返って
衣類の色を抜いてしまう恐れもあります

2・・洗濯機に衣類を詰めすぎないこと

洗濯物が多いと洗浄力が落ちてしまいます

3・・洗濯機の洗剤の投入口を使う

衣類に直接洗剤を掛けると付着した
部分に付着した部分に効果をはっきり
し過ぎてしまい、元々の色を破壊して
しまう事もあるからです

特に洗濯機のタイマー設定などで
夜のうちに洗剤を直接かけておいて
朝にタイマーが稼働しますと
洗剤が衣類に付着している時間が
長くなり変色する恐れもあるからです

洗濯機に衣類を貯めておくのも駄目です

なぜなら洗濯機内は通気性が悪く
湿気がいっぱいになってしまうからです

どうしても洗濯物が貯まってしまったら
通気性のある洗濯物入れなどに入れ
少しでも湿気を貯めないようにします

少しでも衣類を長く大切に
していけたらいいですね