大学費用、短期大学、専門学校など
に実際にどのくらい必要なのか
気になりますよね?

よく500万円は必要と言われてます
果たしてそのぐらいは必要なのかな?
学資保険に加入しているけど足りるかな?

我が家は私立短期大学で入学金と授業料を
合わせて250万円でした
私立大学ですと約500万円(学部によって
異なります)
国立大学ですと240万円ぐらい必要です

おおよそ把握してると思いますが

大学等の授業料の納め方について

前期、後期と2回にて払い込みです
2回で納めないとならないのです

高校までは月ごとでしたが
いきなり年に2回ですと
事前になんらかの方法で用意する
必要があります

奨学金もありますから
奨学金を利用する場合でしたら
早めに申請する必要があります

その他に学費だけでは無く自宅からですと
定期代、学校の行事、ゼミ代と
諸雑費がかなり必要になります

自宅からじゃなく1人暮らしで
学校に通う事になりますと
家賃、生活費の仕送りもしなくては
ならないのでかなりの出費が必要に
なります

更に成人式もありますから女の子の
お子さんの場合には
成人式の着物などの用意
男の子のお子さんにはスーツ又は袴の
貸衣装等
それだけではありません
就職活動のスーツ諸費用等
卒業式の服装も用意しなくては
ならないのです

自分でアルバイトしてやりくりして
くれればいいのですが

学校の授業が忙しくアルバイトも
そんなに出来ない現状を見てると
結局は親が援助せざる得ないです

学資保険だけでは足りない場合が
殆どかもしれません

学資保険でどれだけ用意出来るのか
一度見直しをし
奨学金、教育ローンをするなら
早めに資料を取り入れ申し込みを
する必要もあります

奨学金の制度について

貸付型奨学金・・返済が必要

第1種奨学金・・無利息
第2種奨学金・・利息付き

給付型奨学金・・返済が不要

教育ローン

各銀行が運営しており金利が低金利ですが
銀行によって金利が異なってますから
資料を請求し検討する必要があります

大学進学を考えているなら大学卒業まで
まとまったお金が必要になります
いつからいくらかかるのか把握し仮に
大学に、入学してからも計画的に
貯金をしやりくりしていきましょう