税務署の確定申告会場にて
    確定申告を終えて帰ろうとした時に

    青色申告会の人から
    [所得税を節税できますよ]
    と声を掛けられました

    税金が安くなるのですか?
    その時は・半信半疑でした
    そもそも青色申告って名前だけは
    知ってましたが
    詳しい内容は知らなかったのです

    確定申告には[ 青色申告 ]と[ 白申告]の
    2種類があります

    青色申告とは?

    1年間に生じた所得金額を
    正しく計算し・申告するために
    収入金額や必要経費の取り引き内容を
    帳簿に記帳し一定の水準で行い
    その記帳に基づいて正しい申告を
    される事を青色申告といいます

    青色申告のメリット

    青色申告特別控除を受け取ることが
    できます ( 最高65万円)
    解りやすく説明すれば
    65万円節税対策になると・・

    青色事業専従者給与が必要経費算入できる
    ( 青色申告をしている場合・事業者と
    生計を一緒にしている配偶者・15歳以上の
    親戚でその事業に従事している人に
    支払う給与について仕事内容や従事の
    程度等に照らして相当な金額を必要経費と
    して計上できます)

    損失の繰越控除
    赤字になった場合・翌年以後3年間
    繰越が可能にできます

    30万円未満の固定資産の購入費を
    全額経費計上できる

    青色申告のデメリット

    複式簿記で帳簿つけをする事
    貸借対照表 (財産や負債の状況を示す)
    損益計算書( 1年間の経営成績)

    ある程度簿記の知識が必要でしたが
    今では・パソコンのソフトを活用すれば
    簡単に出来ますよね
    簿記の知識がなくても出来ますね

    青色申告会とは?

    青色申告会は個人でしなくてはならない
    記帳・帳簿の作成から
    決算作成・申告までわかりやすく
    サポートする小規模事業者です

    個別で指導を受けられます
    きちんと記帳(パソコンのソフトにて
    入力の際)ひとつ・ひとつチェックを
    しながら指導してくれます

    青色申告会が作成した青色申告を
    税務署に提出に行ってくださるので
    自分で税務署への提出
    にしに行かなくてもいい
    これは、メリットですよね

    毎年確定申告の時期になりますと
    大勢の人が税務署に
    訪れ、かなりの混雑ですが
    わざわざ個人で税務署に足を
    運ぶ必要がないのです

    気になる入会費は?

    地域によって異なっています

    この入会費は経費として
    計算出来ます
    これもメリットになりますよね

    青色申告会は任意ですので
    加入していなくても青色申告で
    提出出来ます

    青色申告会は会費を取られて
    しまいますが
    時々の講習会にて記帳と帳簿の
    お金の収入・収出の照らし合わせも
    してくれますから
    確定申告の間近でも
    慌てないで済みますね
    もし全くわからなければ
    領収書を持って行けば
    青色申告会の人が
    帳簿の記入の仕方を教えて
    くれますから・・
    助かりますよね

    自分で出来る人なら必要ないと
    思いますけど

    青色申告会に入っていますと
    税務署はある程度決算・申告の
    指導を受けてるので
    大きな間違いはないだろうと
    寛容してくれます

    青色申告会はいつでも
    脱退できますから
    青色申告を始める時には
    青色申告会にて色々と教えて頂くのも
    よろしいかと思います

    又売り上げが1000万円越えて
    しまうと消費税がかかります
    この消費税の計算もしてくれますね

    青色申告を考えているなら
    青色申告会にて詳しい説明を
    聞いてみるのもよろしいかと思いますね