2018年の国民生活基礎調査の
    結果が、発表されましたね

    年金、恩給をもらっている高齢者
    老後の資金をめぐっては、

    公的年金以外に
    2000万円の蓄えが、必要とも
    金融庁報告書が、話題にもなりましたね

    老後への不安が、広がる中
    高齢者世帯の多くの人々は、
    年金を支えに生活費を
    確保されていますね

    気になる老後の資金は、
    年金でまかなっている人が、
    実際には、半数を占めていると

    気になる年金は、いくらぐらい受給できるの?

    そもそも年金には、厚生年金と
    国民年金と主に2つに分かれています

    年金受給のさいには、
    掛けた年数、報酬に
    応じて受け取る金額が、
    異なってきていますね

    例えば、一般的なモデルケースとされ
    取り上げていられていますのが、

    夫が、厚生年金に40年加入
    妻が、第3号被保険者を含めて
    国民年金を40年納めた場合

    年金受け取り金額は、約22万1000円
    となります

    内訳について

    ・ 夫の老齢厚生年金9万1000円
    ・ 老齢基礎年金 6万5000円
    ・ 妻の老齢基礎年金6万5000円

    これが、一般的なモデルケースですけど
    残念ながらこの金額は、
    あくまでも、厚生年金を40年間
    掛け続けた場合で、年収が約480万円と
    実際には、多少少なくなる場合が
    ほとんどと、なっていますね

    厚生年金は、年収に応じて
    厚生年金保険料の金額が決まって
    いますが、
    実は、納める厚生年金保険料には、
    上限が、あります
    月収61万円を超えると
    厚生年金の保険料は、
    それ以上、上がることは、
    ないのですね

    つまり、月収61万円の人も
    月収100万円の人も保険料は、
    同じとなり加入期間などの他の条件が、
    同じならば、
    受け取る年金額も同じとなります

    受け取り金額を増やす方法は?

    ・ 年金受給開始期間を60歳〜70歳まで
    選択できます

    ・ 年金受給を遅らせると年金金額が、
    増加できます
    ( 70歳からにしますと65歳から
    の受け取り金額より最大で42パーセント増)

    一番気になるのが、自分の年金はいくら?

    ねんきん定期便にて年金に関する
    大切な、お知らせが
    記載されていますので
    そちらで、内容を確認されるのを
    おすすめしますね

    50歳未満の場合

    これまでの保険料納付
    これまでの年金期間
    これまで加入実績に応じた年金金額
    今後も保険料を納付することで
    年金金額を増得ることが、記載

    50歳以上の方

    これまでの保険料納付
    これまでの年金加入期間
    老齢年金の、種類と見込み金額が
    記載されています

    ねんきん定期便で、おおよその
    年金受け取り金額が、わかりますよね?
    足りる?足りない?は
    人それぞれライフスタイルが
    異なっていますから
    足りないと不安でしたら
    早めに貯蓄、又は個人年金などにて
    準備をされてみたら、
    よろしいかと思います