いよいよ日本列島では各地で梅雨入り宣言となりました。
今年は例年より一週間から10日早い梅雨入りです

なんだか・・雨の日が多くなりジメジメした日が多くなります
洗濯物が乾かない・・カビが生えやすい・・そんな事が多くなりがち

ふと玄関から靴の臭いが気になる事もしばしばあるかもしれません
なんとか靴からの臭いを防げる方法は?
私はすぐ靴の臭い消しスプレーをしてましたがそれでは一時だけの応急処置なんです
又しばらくすると臭いがしてきます

何故靴から臭いがしてくるのか?

気温が高くなると湿度が高くなり汗をかきやすくなるからです
靴の中は思っている以上に汗で蒸れた状態になっています
高温多湿は臭いの原因である雑菌にとって絶好の環境です
常に風通しよくしておきましょう

雨に濡れた靴はどのようにしたらいいのだろうか?

雨などに濡れた靴をそのままにしておくと、頑固なシミが出来たり
靴の形が崩れたりします

シミや形の崩れにならないように濡れた後の乾かし方が大切です

まず表面の水滴や汚れを柔らかい布で拭き取ってから乾かしましょう
急激に日向で乾かすと水分が蒸発し過ぎてしまい型崩れの大きな原因にも
なってしまいますので風通しの良い日陰で乾かしましょう

なかなか忙しくて出来ない場合はドライヤーを使う方法もありますが
靴から十分離して風を当て湿りけがなくなってから日陰で乾かす

水に弱い革靴の場合は特に気をつけなければなりません
乾かしただけでは皮革が硬くなってしまいます
更に、皮革に含まれた塩分や脂分が白い粉として
表面に出てくる場合もあります。

革靴の場合は靴全体の水分を拭き取ります。
中敷きが取り外せるなら取り出して乾かしましょう

丸めた新聞を布で包み靴の中に左右の靴を離し全体に
風が通せるように靴底を浮かせて日陰で一昼夜乾かします

完全に乾いたら靴クリーナーを布に出して表面の汚れを落とします

靴クリームを別の布に取って皮部分に塗ります
(乾かすだけでは皮が固くなります)
仕上げに防水スプレーをします

臭い予防にはどのようにしたらいいのか?

湿気をためないこと
抗菌シューキーパーの使用もいいですが、一時的であれば丸めた新聞を布で
包み靴に入れておくのも効果あります

又は繰り返して使えるシリカゲル使用の乾燥剤もあります

靴だけではなく下駄箱の扉を開けて時々風を通す事も重要です
開けることにより湿気を逃がす事が出来るから

防水スプレーもお勧めのアイテムです
ここ最近では、皮革だけではなく布や合成にも対応しているの
ありますので

靴は洋服よりお手入れが中々しにくいものですが、少しの手間で
靴が長持ちします

中々意識していなかったのですこしでも実践していきたいです

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください