この連休にスパークリングワインの
試飲をして来ました

スパークリングワインとは発泡性ワイン
大分・・日本でも飲むようになってきましたが

私のイメージとしてはクリスマスに飲む
又、パーティーなどで飲むような気がします
まだクリスマスには程遠い・・
いぇいぇ・・

最近では、バーベキューとかでも
飲んでるみたいです
又ふとしたお祝いにも飲んでいるみたいですね

そもそも・シャンパンとスパークリングワインは同じ?

中には、値段が高いのはシャンパン
お手頃なのはスパークリングワイン

と思ってる人もいるのではないでしょうか?

いぇいぇ ・・全く違うのです

シャンパン、スパークリングワインとの
違いは?

シャンパンについて

フランス地方のジャンパニュー地方で生産された
スパークリングワインをシャンパンといいます
なおシャンパンとは外来語の読み方です
正式な読み方は英語読みでシャンペン
フランス語読みではシャンパーニュと発音
されるのが正しいのです

製造方法

非発泡性ワインを瓶に詰めて発酵しやすくするために
シロップ(糖分と酵母)を加え瓶の中で
二次発酵させますこの方法を
「シャンパーニュ方式」と言われています

シャンパンの誕生

「ドン・ピエール・ペリニョン」という修導師が
白ワインを製造したいと考えました
何故?・・シャンパニュー地方は寒くて
他の地域で作られた赤ワインが美味しいくて
かなわないと思ったからです

しかし白ワインを製造するにあたって
ワインに「 泡が発生する」という問題が起きて
しまいました
そこでワインには泡は必要ないと
どうにかこの泡をなくそうと考えたのです

思考していく中で黒ブドウを軽く絞って
ワインに製造すると皮の赤い色が液体に
付く事無く泡の発生を少なくする事を発見しました

その後ガラス瓶の登場で彼の作ったワインは
イギリスに渡りイギリスの貴族階級の人たちは
泡の入ったワインを好みました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スパークリングワインについて

スパークリングワインは炭酸ガスが含まれている
発泡性のワインの「総称」です
通常3気圧以上のものを言います
それ以下のガス圧のものを微発泡性ワインといいます

シャンパンは瓶で発酵しますが
スパークリングワインはタンクでします

ただし・・中には瓶で発酵してるのもあります

生産地について

フランス、イタリア、スペイン、ドイツなど
ヨーロッパを始めアメリカ、オーストラリア、
チリなどと世界各国で作られています
しかも日本でも作られていますね

スパークリングワインの有名

フランス・・クレマン
スペイン・・カヴァ
ドイツ・・シャウムヴァインやゼクト
イタリア・・アスティ

ここ最近ではスパークリングワインも
数多くの種類が店頭に並べてありますね

シャンパンも元々はスパークリングワイン
の一種なのですが製法の過程が
一般のスパークリングワインと異なっています
なのでシャンパンはシャンパンと
呼ばれているのです

スパークリングワインでしたら
辛口からやや辛口・甘口と沢山レパートリー
がありますのでアルコールが苦手な人でも
甘口でしたら飲めると思います
自分好みを探してみるにもいいかもしれませんね