スーパーでは土用丑の日の「うなぎの予約が始まりました」
まだ6月になったばかりなのに・・・
しかし何故?土用丑の日にうなぎを食べるのか?
勿論私も子供の頃から土用丑の日はうなぎを食べてました
夏バテ防止にいいのかな?となんとなく思ってました

そもそも土用丑とは

土用とは雑節の一つです
雑節とは「一年間を24等分した季節の変化
日本独自で考えた暦)の事です

丑の日とは「丑は十二支のひとつで
紀元前1600年頃から中国で使われている年月日や
方角を表すものです」

春の土曜  4月17日(火)~5月4日(金)
夏の土曜  7月20日(土)~8月6日(月)
秋の土曜  10月20日(土)~11月6日(火)
冬の土曜  1月17日(水)~2月3日(土)

この期間に巡ってくる「牛の日を」土用丑の日と
言ってます

2018年の土用の丑の日は?

春  4月27日(金)

夏  7月20日(金) 8月1日(水)

秋  10月24日(水) 11月5日(月)

冬  1月21日 (日) 2月2日 (金)

今年の夏の土用の丑の日は二度あります。

つまり・・ 2回もうなぎが食べれるんだ?

ここ最近ではうなぎが高くて中々手が
出せないのが現実です

うなぎを何故土曜の丑の日に食べるのでしょうか?

うなぎの旬の時期は冬だそうです 
知らなかった・・私は夏だと思ってました
色々な諸説があるみたいですが
その中でも有名な説です

江戸時代(1603~1868)にうなぎが売れなくて
困ってたうなぎ屋が平賀源内に(発明家 蘭学者 1728~1780)相談したところ丑の日にちなんで「う」から
始まるうなぎを食べれば夏負けしないと
うなぎ屋は土用の丑の日に宣伝するように
なったみたいです

だから土用の丑の日はうなぎだけしか
アピールされてないのです
ここ近年うなぎは値上りしています・・(家計には痛い)
20年前ぐらいでしたら国産が1000円で購入出来て
ましがここ最近では本当にいいお値段です

何故こんなに値段が高くなったのでしょうか?

メーカーのバイヤーに聞いたところ
国内でのうなぎの稚魚が激減したから
天然のうなぎが激減しその上養殖もあまり
取れなくなって来てるから
だから海外のうなぎを輸入しているんだけど
又海外のもここ最近値上って来てるんだよな
このままいけば・・国産は・・もっと高くなる?

果たしてうなぎを食べるとどのような効果があるのか?

豊富なたんぱく質
ビタミンA,ビタミンB1,B2、Ⅾ、E、さらには
カルシウム、鉄分と体に必要な栄養素が
沢山含まれています

又研究により不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)を
多く含まれて事が判明されました

ビタミンAは粘膜を強化し視覚を正常に保つ働き
ビタミンB2は疲労回復
ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける
ビタミンEは老化防止
鉄、カルシウムは骨や歯を作る素
EPA,DHAはコルステロールを抑えて血流を良くする

こうしてみてみますとうなぎって栄養豊富で凄い食べ物なんですね

いくら「う」がつくから土用の丑の日にうなぎを食べようと決めたみたいですが
これだけの栄養価が優れているのですから
暑い夏に食べるのがいいですね

冬の旬の時に・・冬の土用の丑の日にでも食べてみるのもいいかもしれませんね