春になると竹の子が美味しい
    時期を迎えますよね
    暖かい地方ですと3月ぐらいから
    竹の子が出荷されますよね

    竹の子にもモウソウ・マダケと
    種類があります

    モウソウはふとくて
    2月から5月にかけて

    マダケは6月ぐらいから
    よく七夕に使われてますよね

    竹が細いので七夕に
    丁度いい太さという事で
    用いられてます

    生の竹の子を茹でるのに
    色々なコツがあります

    アク・エグミが強い竹の子ですけど
    どのようにしたらいいの?
    祖母から教えてもらった方法を
    教えますね

    竹の子の皮を簡単にむく方法


    竹の子の皮を一枚一枚とむくのは、
    大変ですよね?
    むいていても中々竹の子が、
    出てこないのですから

    そこで簡単に竹の子をむける方法が
    あるのですよね
    竹の子を真ん中から包丁にて
    半分に切ります

    すると綺麗に竹の子の中身が
    見えてきます

    そのまま皮から抜き取れます
    竹の子の根のまわりを包丁で
    綺麗にします


    竹の子を軽く水洗いをし
    泥を取り除きます

    大きめの鍋に竹の子を入れ
    水を竹の子がかぶるぐらいまで、
    入れ火にかけます

    ぬかが、あればぬかを入れます
    (もし、なかったらお米を軽くひと握り入れます)
    お米のとぎ汁よりお米のほうが良い
    沸騰したら、火を弱め
    竹の子に火が通ったら
    なべを他に移しふたをしないで
    冷まします
    すぐに、調理に使うなら、
    冷やさなくても大丈夫です

    すぐに、水などにて
    冷してしまいますと
    痛みやすくなるからです

    鍋にそのままにて、冷めてから、
    竹の子を、ザルに取り
    よく水で洗います

    鍋を洗い水を入れます
    よく洗った竹の子を水の中にて
    しばらく、置いておきます

    タッパーに、竹の子が水に
    かぶるくらい、入れてから
    冷蔵庫にて保存します
    毎日お水を変えていれば
    2週間ぐらいは、美味しく
    食べれますね

    竹の子の煮物

    材料

    竹の子 半分
    水 2カップ (400CC)
    だしの素・・ 小さじ1
    砂糖 ・・ 大さじ2
    みりん ・・ 大さじ2
    醤油 ・・ 大さじ3

    作り方

    竹の子を食べやすい大きさに
    きります

    鍋に竹の子、水を入れてから
    火にかけます

    沸騰したらだしの素を入れ
    砂糖、みりんを入れます

    しばらくしてから、醤油を入れ
    中火にします

    汁気が、なくなりましたら
    出来上がりです

    春の旬の食材としての
    たけのこですが、煮物や、
    野菜と一緒に炒めたりしてみては、
    いかがでしょうか?